お前は絵の才能がない

まだ時効wじゃない今年の話。

小4の甥が元気ないからどうした?ってきいたら、担任に「お前は絵の才能がない」って言われたらしい。
絵を描くのが好きな子だし、子供になんちゅう言葉言うんだ!!!!ってむっとして、よっしゃまかせとけ!って、それからすぐの夏休みでポスターを描いてやることに。

自分は多少絵が描けるのだけど、画用紙を見たときにパッと完成の絵が見えた。
「あっこれはいけるな!」と思った。
線が透明で、ところどころがプリズム反射みたいに輝いて見える。
ハッキリ見えてるから、あとはなぞるだけ。

輪郭描いてたら甥っ子もノッてきて描くって言い出して、親には内緒だから、階段をあがる足音に飛び上がりながら交替で描いた。
色塗るのは全部まかせたので、ちょうど小4が頑張りました風の良い感じの力作になった。

それで上位入賞して、お偉いさん列席の表彰式に出る事になった。
式が始まる前に表彰状受け取る時、「ともき(仮)ーー!一緒に描いたよねー良かったねー」って大声で手をふってあげるわ、てふざけたら、「やめてwwwww」て笑ってた。
なんか痛快だった出来事。

透明の線で完成の状態が見えたのは子供の時から3回だけ。
2回入賞してる。

あとの1回は、あんまり好きじゃないなと思って無視して違うの描いたら、一等になった子の絵が見えてたものと全く一緒だった。
共通の意識から取り出すのかな?
どこかに完成の形があって、自分が使わなければよそに行くのか?早い者勝ちなのか?

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!