噂は本当だったんだ

『人がいなくなる』という噂のある神社が近くにあると聞いて、俺と友人は早速出かけてみることにした。

木々の生い茂る山道を抜け、角度の急な石段を登ると、少し開けた場所に出た。
どうやらここが噂の神社らしい。
ところが、俺と友人は早速拍子抜けしてしまった。

なぜなら、髪の薄くなったおじさんが普通に境内の掃除をしていたからだ。
だけど、ここでなにもせずに帰るのもなんだか悔しいので、その人に話を聞いてみた。

その人はどうやらここの神主さんらしく、「『人が消える』というような物騒な噂は聞いたことがない」ということだった。
結局無駄足かぁと思いつつ、神社を後にする俺たち。

その帰り道で、落ち込んでいる俺を励まそうと思ったのか、友人がこういった。

友人:「神主さんを思い出してみろよ。噂は本当だったんだ」

それを聞いて俺は思わず笑ってしまった。
神主さんの目の前ではとてもいえないような冗談だったが、少し残念な気持ちを吹き飛ばすのには十分だった。

後日、鏡を見るまでは。

【解説】
鏡に何が映ったかによって、話が分かれるように心がけたつもり。

一つ目は『髪かくし』
鏡を見たら自分の髪が・・・という話。
これは最近自分の髪がよく抜けるからorz
こっちはわかった人多かったんじゃないかと。

二つ目は『神隠しの対象』
『人が』消えることはない。
でも、鏡を見ると自分の姿は消えている。
つまり、姿の消えた自分は・・・という感じで、今まで気づかなかった真実に気が付く話。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!