すーっ、ことん

小さい頃祖父から聞いた話。

旅人が山中の家に一夜の宿を乞うた。
主人は泊めるのは構わないが、近隣の者に不幸があって夜は家を空けなければならない。
夜更けまでには帰ってくるので留守を預かってほしいという。
旅人は泊めてもらえるのならば、と頼みを受けた。

主人が出かけてしばらく、旅人は囲炉裏端に座っていたが、奥の部屋で「すーっ、ことん」と音がした。
襖を引く音だったが、奥の部屋どころか家には旅人しかいない。
しばらくするとまた「すーっ、ことん」。
またしばらくすると「すーっ、ことん」。
恐る恐る奥の部屋を覗いてもやはり誰もいない。
音はその後もえんえんとつづく。

旅人は怖くなったが、夜の山中に飛び出すこともできず、囲炉裏端で布団をかぶって震えていた。

どれほどたったか、主人が帰ってきた。
旅人が主人の留守にあったことを話すと、主人は笑って言った。

主人:「そりゃあ『すーっことん』です。音がするだけで何も悪さはしませんよ」

これ、どこかの民話なのか祖父の創作なのかも分からないんだ。
地元の民話集めた本でも見たことないし。
誰か似たような話知らない?

それにしても今思うとなんかまぬけな名前。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!