ご先祖の霊を『おんぶ』

ある女性歌手が子ども時代の、実家だか爺婆ちゃんの田舎だかでのお盆の話。

地方なので、家々のまわりの畑や田んぼの中に、先祖代々の墓があるような土地。
そこのお盆の風習で、集まった親戚の中で1番年少者が、夜、提灯を持って一族の墓の前に行き、墓石に背を向けてしゃがみ、ご先祖の霊を『おんぶ』してから家に連れて戻ってくる儀式があるそうだ。

で、彼女がその役目の年、ろうそくの火がついた提灯だけを頼りに恐さを我慢して家を出発。
するとお墓の手前で火が消えてしまい、恐くなってそのまま引き返してしまった。
どうせ誰も見ていないから、儀式通りにお連れしたことにした。
そして、仏壇の前に『おぶってきたご先祖』をおろす動作をしてみせ、儀式終了。

周りの大人たちは、ご先祖を囲んだ食事会の用意にとりかかったが、仏壇の前に座っていたお婆ちゃんが、「今年はご先祖様、帰って来ないね」とつぶやいたそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!