これ人間じゃないよ

父方実家が九州の山の奥です。
お墓を移すことになったので、ついでに母屋もつぶす話が決まりました。

叔母から、「昔の本やマンガ(といっても昭和初期ですが)があるから、欲しかったら壊す前に取りにおいで」と言われて、こないだの連休に車で行きました。

父も叔母に呼ばれて同行しました。

「祖父母が死んでからは、母屋に行くのは10年ぶりかなぁ」

そう言いながら、私と両親と従兄で4人一緒に行きました。

母屋についたら、叔母が父に「仏間の後ろに開かずの間があるー」と言いました。
父は「そんなの知らないぞ」と言いながら、みんなであがって仏間に行きました。

普通の昔の田舎家で、仏壇がはめ込みになってる部屋なんですが、壊す前に仏壇を外したら、仏壇の後ろに扉があって、「仏壇どけないと開かないから、なんでそんなんスペースにしたものかわからない」と叔母が言ってました。

「怖いから全員で壊す前に見ておこうね」と開けました。

扉にお札が2枚貼ってありましたが、封印とかじゃなく扉の面に貼ってあるので、貼ったままで開けました。

そしたら中には、着物を着た小さい骨があって大騒ぎになりました。
鑑識の人が来て調べたら、すぐに「これ人間じゃないよ」と言って、今調べてもらっていますが、多分猿の骨。
何で着物とか着せてあるのかは不明。
あと、小箱がいくつかあって、開くのと開かないものがあり、開けた箱にはもれなくサルの指が入ってた。
未だによくわからないままですが、怖かったから書き込みました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!