富○急ハ○ランドの近く

いまだに不思議な出来事で混乱しています。
先日の連休に富○急ハ○ランドへ遊びに行きました。

彼女と初めての遠出で楽しく一日過ごして、帰りの高速バスに向うことにしたのですが、入園口が二つあって、高速バスの待っている入園口とは別の入園口から出てしまいました。

「間に合うかな」

愚痴りながらも仕方なく園内の外をぐるっと回って歩くことにしました。
途中トンネルを抜け、高速横の道路を進んでいくと草木の茂った道が続いています。

「大丈夫なの?」

彼女が心配そうに声をかけますがマップを頼りに今は進むしかありません。

しばらく歩くと目の前にフェンスがあり、行き止まりかと思い目を横に向けると下に続く階段がありました。

小さなトンネルでした・・・。

霊感ゼロの僕ですが、なぜか「ここへは入ってはいけない!」、と直感。
しかし、彼女に手を引っ張られるようにトンネルへと入っていきます。

中は真っ暗で数十メートル先に出口の光が見え、早くここから出たい一心で強く手を握りながら「戦○迷○より怖いねw」なんて冗談を言ったのですが、彼女はポツリと「前にもここに来たことあるよ」と。

反射的にその手を離していました。

彼女ではない!

本能的にそう感じて出口へと急ぎます。
出口へ出ると同時にトンネルから彼女の悲鳴が!!

勢いよくトンネルから出てきて、僕の顔を確認するや否や泣き出してしまいました。
彼女曰くトンネルへ入るとき、自分は手を引っ張ってなんかいない、引っ張ったのは僕の方だと言うのです。
そして僕と全く同じことを彼女も体験していたのでした。

お互い顔を見合わせバスへと向かいます。
結局時間に間に合わずにチケットを新たに買うことになりました・・・。
いまだにあの体験は何だったのか不思議に思います。

トンネルのことを調べてみましたが、検索しても見つからないのですがどなたかご存知ですか?
あのとき僕等に語りかけたのはいったい誰だったのでしょうか。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!