俺の分身

今から10年ぐらい前の話だけど、夏休みに友達と地元の駅前で飲んでたのね。
結構酔っ払って、帰りはチャリをこいで帰る自信がなかったからバスで帰った。
その数日前に駅前にチャリを路駐して撤去されたばかりだったから、どうしようか悩んだんだけど、明日朝早く起きて撤去される前に取りに行けば大丈夫だと思って諦めた。

撤去されたチャリの保管場所がバスを2回乗り換えて行かなきゃいけない遠い所で、帰りもチャリで1時間ぐらいかかるから、撤去はホントに嫌だったのね。

次の日、起きてリビングに行ったら父親が居て、「早朝から大きい音出してうるさかったぞ」って怒られた。
さっぱり意味が分からなくて、「今起きたところだよ」って言ったら、父親が驚いて「嘘つくなよー」とか言ってんの。

父親の寝室は2階にあって、いつも寝室の扉を閉めないで開けっ放しでいるんだけど、そこから3階に行く階段が見えるのね。
んで、父親の話によると、朝5時頃に今まで聞いたことがない大きな音(表現できないって言ってたけど、とにかく大きな音だったらしい)が、階段の方からして、見ると紫のアンサンブル(実際に持ってた)を着た私が3階から降りてきたところだったらしい。

その時は「何だよ、朝早くから大きな音出して階段降りてきやがって」みたいな感じで気にもしなかったんだって。
父親はオカルトとか全くダメな人だから「嘘つくな」って何度も言われたけど、嘘じゃないんだよな・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!