アバター

アバター見ててふと思い出したはるか昔の出来事。

小学校3,4年の今頃だったかな。
算数の授業中、問題の答えを黒板に書かせる流れのとき、先生が「手を挙げてない子にしようかな」とか言い出した。
ボスザル気取りのヤツが、ちょっと頭の弱いいつも虐められ気味のヤツがいいんじゃないの、と。

先生に、どう?と聞かれると、そいつも気が弱いもんだから、「う・・・うん・・・」とか答えてオドオドと黒板前へ。
簡単な問題なのに手こずってるの見て、ボスザルはにやけ顔。

何やってんだ・・・と俺は思ってたが、何故か『しゃーない手伝ってやるよ』と頭にセリフが浮かび、そいつが黒板前で「へっ?」て声をあげた。

一瞬後、黒板前で問題解いてた。
俺が。

でも実際に書いているのはそいつだった。
で、書き込み終わって、ほらよ、と思ったら、何事も無かったように俺は自分の机に戻ってた。

そいつも、ボスザル含め解けないで終わるだろうと思ってたクラス全員ポカーン・・・。
先生までつられてポカーン。
そして先生が「よ・・・良くできました~」なんて丸付けしてる側を、そいつは首をひねりながら席に戻ってった。

後にも先にもこの時限りだな、他の誰かをアバターみたいにしたのは。

この時、何故か一人だけ俺を注視して何か言いたげなヤツがいたんだが、気付かれてたのかな?
自分が代わりに答えたなどと言える訳ないので、その真意は聞けずじまいだった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!