聞き覚えの無い名前

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

「お久しぶりです!」

唐突に掛けられた声に振り向いたが、後ろに立っていたのは全く知らない男性だった。
・・・・・・ああ、自分が呼び止められたわけじゃなかったのか。
勘違いして恥ずかしいな。

そう思って足早にその場を立ち去ろうとすると、「ちょ、ちょっと!××さん!」・・・・・・慌てた声で、呼ばれた名前は自分の名前だった。

えぇ?確かに自分は人の顔覚えるのは苦手だけど・・・・・・訝しげな自分に、その男性も首を傾げ、「もしかして、オレのこと忘れてます?○○って言うんですけど・・・・・・」

聞き覚えの無い名前。
顔を覚えるのは苦手でも、一度聞いた名前はそうそう忘れないハズなんだけどなあ。

男性:「えっ、えっ、だって3ヶ月前に会ったじゃないですか。仕事の席で・・・・・・△△って場所で・・・・・・オレは上司の□□さんと一緒で、そちらは◇◇さんと一緒だったでしょ」

◇◇は確かに自分の上司だけど、そもそも一緒に仕事したことは無かったような・・・・・・?
でもやけにリアルな説明だった。

時間は何時で、天気はこんな感じだったとまで言い募る様子は、嘘に見えない。
記憶になくても容易に想像がつく説明に、次第に自分でも「そんなことがあったのかな」と言う気になってくる。

でも、どうしても思い出せない。

自分:「うーん・・・・・・すみません・・・・・・」

知ったかぶって話を合わせようかとも思ったが、結局頭を下げた自分に、男性はうなだれながら去っていった。

その男性と再会したのは3ヶ月後。
仕事の件で、向こうは□□さんという上司と一緒で、自分は上司の◇◇と一緒で、△△という場所での話だった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!