父親は重度の鬱病

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

5年ほど前のこと。
うちの父親は重度の鬱病にかかり、何か月も家で寝たきりだった。

ある日、叔母(父親の妹)が心配して遠方から訪ねてきた。
その日は現在の父親の治療の事、入院も検討すべきではないかなど色々話をしてたみたい。

私は深夜12時くらいにお風呂に入ってた。
そしたら祖母の部屋にあるブザー(人を呼ぶ用。緊急用ではない)が鳴った。しかも鳴り続けている。

時間帯も変だし、そんなに鳴り続けることも初めてだったので気になった。
そしたら母と叔母が起きてきて騒いでいる。

私も気になったので風呂から上がると、「父がいない」とのこと。
祖母はポカーンとして、「ブザーなんて押してないよ」と言う。

大騒ぎで父を探すと、裏の林をウロウロしていたのを母が発見。
何をしようとしていたかは想像したくないが、よっぽど思い詰めていたのだと思う。

あの時どうしてブザーが鳴ったのかいまだに分からない。
けどもし鳴ってなかったら父はどうなっていたか・・・。

それまで霊とか信じてなかったけど、それ以外に説明つかない。

母とは「15年前に死んだおじいちゃんが助けてくれたんだねー」と話している。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!