奉納された絵馬

とある神社を参拝した時の話です。
そこは規模は小さいものの、観光地としては全国的に有名な場所にあるので、あまり具体的に書くと特定するのは容易だと思うので、適当にぼかします。

私は奉納された絵馬を眺めるのが好きなのですが、その中にこんなものがありました。

『私の友人である、日常○上さんと岡板未○さんが嘘つき行為、詐欺行為をやめますように。二人が仲良く健やかに生きていけますように。そしてサイコさんが健康でありますように』

最後に日付と名前が書いてありましたが、それを読んだとき、何ともいえない嫌な感覚が背筋を伝いました。

なんだこれは?と他のも見てみると、『私の友人である、日常以○さんと岡板○満さんが嘘つき行為、詐欺行為をやめますように。二人が仲良く健やかに生きていけますように。そしてサイコさんが健康でありますように』と、少し内容を変えてほぼ同じ文面のものがありました。

○で伏字をしているように見えますが、他の絵馬を見ればフルネームが特定できるようになっています。

まさか同じ人が何枚も奉納したのか?と思って、よく見ると違う名前でした。
そんな絵馬がざっと見ただけでも10枚以上はありました。
全て違う名前で、筆跡も明らかに違うものでしたが、日付はほぼ同時期のものでした。

複数の人間が昨年の年末に、この場に集まって、同じ文面の絵馬を一斉に奉納したという事になります。
その光景を想像するだけで、私は異様さにゾッとしました。

そうなると気のせいでしょうか?
この場所がひどく淀んだ雰囲気の薄気味悪い場所に思えて、お参りもそこそこに立ち去りました。

あれは一体、なんだったのでしょうか?
旅行から帰っても気にはなりましたが、立ち入ってはいけない気がしました。

上の話に出てくる人名はもちろん全て仮名です。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!