摘出手術が始まった

そいつは、地元の有力者で最低なやつだった。

女と見ては片っ端から手を出して、孕まして自殺に追い込んだりした。
そいつが20代の半ば過ぎに、脳に腫瘍が出来た。
それもかなり大きくて病院で精密な検査をしたそうだ。
その時、検査に当たった看護士や医者は目を疑った。

腫瘍の形がどう見ても子宮でうずくまっている姿の赤子にしか見えなかったからだ。

まぁ、そういう偶然もあると彼らは思いそのことは彼には伝えずに、入院を経て摘出手術が始まった。

担当医が腫瘍を取ろうとすると、その腫瘍は赤子のような、断末魔のように泣き出し、むずむずと動いた。

尋常じゃない事態にその場はパニックに陥り、繊細な手先を必要とする脳内腫瘍摘出手術はできるはずもなく。
手術は即刻中止となった。

その手術に関わったものは、鬱状態になったり、病院を退職したりした。

当事者の彼は、腫瘍が動いたせいで、まわりの脳細胞を傷つかせ知的障害者となってしまった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!