奇妙な足音がついて来た

知り合いの話。

彼女が友人の家族と山菜取りに出かけた時のこと。
里山を下る帰り道で、奇妙な足音がついて来たのだという。

「スタッスタッ」と草履で歩くような音がするのだが、足音の主は見えないのだ。
よほど上手く隠れているらしい。

一体どこからついて来ていたのか分からなかった。
こちらが足を速めると足音も早くなり、緩めると間延びした。
一定の距離を保って、絶対に離れなかったそうだ。
そのうちに彼女は痺れを切らして立ち止まり、後ろに向かって叫んだ。

「隠れていないで、出ておいで!」

一瞬の間が有り、やがて足音だけが、皆の横をスタスタと駆け抜けていった。
目には何も見えなかった。

隠れていたんじゃなくて、本当に本体がなかったんだ。
皆は呆れて見送ったのだそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!