お雛様のような格好をした人

幼稚園の時に祖父母の家に遊びに行くと、いつもお内裏(だいり)様とお雛様のような格好をした人がいた。

その二人はいつも二階の部屋にたたずんでいるんだけど、その部屋で遊んでいても別に怖い感じはしなかったので、お互い干渉せずにいた。

あと玄関の脇には小さい入り口があって、そこから入っていくと真っ白な広い部屋に行けた。
先が見えないくらい広かった。

家の改装をしてからその二人は見かけなくなり、広い空間への入り口も塞がれたのかと思ってた。

ふと大人になってからこの事を親にたずねてみたんだが、その二人はよく分からんが、確実なのは玄関の脇に入り口なんてなかったと言う。

じゃあ玄関から通じてたのは記憶違いなのか?と思って、広い倉庫は?と聞いたんだけど、「そんなものもない」と言われた。

あの家は、元々旅館だった建物を買い取って、うちの土地へ運んできたらしいので、もしかすると不思議な二人や、広い空間は建物について一緒に来ていたのかなと思う。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!