非常階段鬼ごっこ

高層マンション住みだが、エレベーターじゃなく階段の方を利用している。
で、遊びを思いついた。
人の習性?wを利用した遊び。

階段へ続く扉を開けて下に降りて行くんだが、途中で休憩・・・くつろぐ。
上も階段、下も階段。
そんな空間でのんびりしていると、同じく階段を利用している人が上から降りて来る音がする。
じっとしてると普通の降りて来るスピードだが、こちらが急いで階段を下る音を響かせると上の奴も早めるんだ。
まるで追いかけて来るような錯覚に陥り、早く下るのがやめられない。
非常階段鬼ごっこと勝手に名付けた。
なんか人って追いかける習性でもあるのかな、明らかに速度が速くなるんだ。

半分逃げるような形で一階に到着し急いで外に出る。
ゴールだ。
上の奴も数分して出て来る。
出てきた奴を確認するのが楽しい。

その日は100階だとしたら80階の部分の階段のとこでやってたんだけど、いきなり大きくバーン!と扉を開ける音が上の方で響き、物凄い勢いで下って来る音がした。

すげー早いすげー早い!
音が大きく近づいてくる。

まずい!そろそろだ。
こちらも階段を下る。

ひえぇええ怖い怖い、追いかけて来る~。

思ってたよりずっと上の奴のスピードが速そうに思えた。
見つかるぞと思って、その階のエリアに出てエレベーターへ向かいショートカットというズルw
さて、10階までショートカットして非常階段の扉開けると、相変わらず上の方で下ってる音がする。
ほんで、下る音を聞いていたんだがピタと止まった。

あれ?と思ってたら、男の声で「あれ?いねぇじゃん。もっと下か?」と聴こえた。
え?と思い自分が階段を下りてみると、「ああ、下だ下だ」と降りて来る音が・・・。
え?狙ってる?と思いちょっと焦りながら降りた。

上の奴の降りて来る足音が早い!
ヤバイ追いつかれるペース。

残り5階。
ここら辺になると本気逃げになってた。

『ヤバイ』を心で連呼しながら全力で降りて行った。

やっと一階!扉を開けてゴール!

その後、降りて来るであろう男を待ってたんだが、全く出て来る気配が無く30分経過。
おかしいと思って階段への扉を開けたら、耳元で「遊んでんじゃねぇよクソガキ・・・」と聴こえ、鳥肌たってうわぁ!逃げたという話。

誰もいなかったよ?

それ以来、非常階段を使う事はあまり無くなった。
遊ぶ事はしなくなったね。
普通に降りるという本来の利用はしても。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!