無人駅での怪奇現象

知り合いの話。

夏の終わりに、山中の無人駅で野宿した時のこと。
ベンチで眠りにつこうとする彼の耳に、硬い小さな音が聞こえた。

コーンッカツッ

何かが繰り返し、固い床の上に落ちているような音。
一度意識すると無性に気になってしまい、音源を捜して暗い構内を歩き出す。
ホームの外れに、駅舎とは違う小さな建物が見えた。
どうやら音はそこから聞こえているらしい。
懐中電灯を構えて覗き込むと、そこは薄汚れたトイレだった。
黄ばんだ小便器の前、何かがモルタルの床で弾んでいる。

コーンッカツッカッカカカカ・・・

ピンポン球ほどのきれいに磨かれた鋼球が、膝くらいの高さから落下していた。
鋼球は床で跳ねながら、段々と弾まなくなる。
弾まなくなると、何かに持ち上げられるように、ゆっくりと空中に上昇する。
そしてまた落下するということを繰り返していた。

気がつくと、吐く息が白い。
季節はまだ夏だというのに、トイレ内はかなりの低温状態になっていたようだ。
しばらく球を見つめていたが、他に何かできることがあるわけでなく、彼はトイレを後にした。

夜半過ぎまで音は聞こえていたという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!