蓮根が取れる沼地にて

先輩の話。

彼の家近くの山に、良い蓮根が取れる沼地があるのだそうだ。
誰が手入れしているわけでもないのに、毎年結構な収穫があるという。

奥さんと一緒に取りに行っていた時のこと。
泥の中をまさぐっていると、誰かがぎゅっと先輩の手を握ってきた。

小さな幼子くらいの大きさだったらしい。
それは硬直した彼の手をしばらくニギニギしてから、すっと泥中を離れていった。

すぐさま奥さんの所へ飛んで行き、「何かがいる!」と訴えた。
上がろうと言う先輩を押し止め、奥さんは平然と切り返したという。

大丈夫よ。
これまでも何もなかったし。

彼の醜態を見ていた筈の周りの奥様たちも、皆一様にしれっとした顔。
母ちゃんは強いよなぁ。
そう言って先輩は感心していた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!