日本人にありがとう

これは俺が3~4年前の夏、イタリアのローマで体験した話です。

俺は大学でイタリア文学を専攻していて、大学4年の時に休学して半年間ローマに留学してたんだけど、その時にローマの郊外にある、エウルっていう穴の開いたチーズみたいなビルを1人でブラブラ見に行ったんだ。

直射日光が凄くてめちゃめちゃ暑い日だったんだけど、ビルが建ってる所が高台になってて、街が見渡せて涼しい風も吹いてたから、建物の影になってる所に座って一服しながら景色見てたのね。
そしたら、ちょっと前まで誰もいなかったんだけど、いきなり3つ揃えのスーツをバシッと着た小さい90ぐらいの爺さんが、俺の肩を後ろから叩いて、「よう!ロベルト、久しぶりだな!」って声かけてくるんだよ。

俺も不意打ちだったもんだから一瞬ビクッとしたんだけど、すぐに人違いかなと思って、その歳の割には元気のいい爺さんに、「あの、人違いですよ。ぼくは日本人ですし、ロベルトという名ではありません」ってキッパリ言ったの。

そしたら、爺さんの方は凄い嬉しそうな顔して、「やっぱりロベルトじゃないか!」って益々大きな声で言いだしたんだ。

俺は、いよいよこのジジイぼけてんのかな?って思ったけど、まとわりつかれても嫌だなと思ったから、「だから、ロベルトじゃないって。普通の日本人はそんな名前じゃないよ!」って言ったら、爺さんは笑いながら「そんな事は知ってるわい!」みたいな感じで事の経緯を話しだしたんだ。

以下、俺と爺さん談。(イタリア語だったので、それっぽい口調になおしました)

爺さん:「もちろん、君の本名がロベルトじゃないって事ぐらい知ってるさ。君は見たところ日本人っぽいし。わしは今年で92になるが、まだそこまで耄碌してないつもりだよ。君は昔、イタリアとドイツと日本が戦争で同盟を結んでいたって事を、学校かどこか勉強した事があるかね?」

俺:「もちろん、知ってますよ。僕だけじゃなく、日本人なら大抵の人は」

爺さん:「よろしい。わしは第1次、第2次と2つの世界大戦に、最初から最後まで海兵として従軍したんだが、当時はドイツや日本からこの地に派遣された若い将校や外交官なんかと、親睦を深めるためによくつるんで飲みにいったりしたもんだ。お互い言葉も文化も違うが、当時の我々にとってはそんな事は大して重要じゃなかったし、とにかく共通の敵がいる味方どうし、若かったってのもあるが大いに盛り上がったもんだよ。そして当時は、わしらみたいにつるんでた連中は、イタリア兵もドイツ兵も日本兵もみんな、お互いを親愛の情をこめてロベルトって呼びあったもんさ!」

俺:「はぁ・・・。でもまた、なんでロベルトなんっすか?」

爺さんはにっこり笑って、「わからんかね?ロベルト(ROBERTO)というは頭文字を合わせたものさ。3国の首都ローマ(ROme)・ベルリン(BERlin)・東京(TOkyo)の。だから君を見かけた時、日本人じゃないかと思ってロベルトと声かけたってわけさ!」

俺:「へぇ~。なんか歴史を感じる話っすね~」

爺さん、急に笑顔から一変して渋い表情で、「ところで、君のご家族やお知り合いの方で、第二次大戦に従軍された方はいるかな?」

俺:「うーん・・・。祖父は従軍しましたけど、もうとっくに他界したし・・・あ!親戚の爺さんでまだ1人生きてますよ!」

「そうか、そしたら今度あった時には、イタリアが途中で戦線を放棄したことに関しては、
本当に遺憾に思っており、わしの人生においてただ一点の心残りであり、日本の皆さんには謝っても謝りきれない事をしたと思っている。と伝えてくれ」と、目に涙を溜めながら俺に訴えてきた。

「うーん、今さらそんなに怒ってる人もいないんじゃないかなぁ?あの小うるさかった俺の祖父でさえも、イタリアの事でぼやいてた事は一度もないし・・・」

爺さん:「我々はあの時、誓って誰一人戦線を放棄したいと思ってる奴はいなかった。わしの海軍部隊では政治的に戦争が終わった時でさえ、皆悔しさに泣き、同盟国を見捨てるのかと、誰もが断腸の思いだった。拳銃で自殺をしたものだっている!でも、わしはあの時何も出来なかった・・・。昨日まで同じテーブルで酒を飲み、ロベルトと呼びあい、同じ敵を蹴散らそうと雄叫びを上げあった仲にも関わらず、同盟国の戦況が日に日に悪くなっていくのがラジオで伝えられようと、何も出来なかったんだ・・・。特に日本の方々が最後まで意志を貫かれているという報道を聞くたびに、どれだけ5体が引き裂かれるような思いがしただろう。だから、日本の方々には戦線を離脱した腰抜け、裏切り者と思われても止むを得まい。そして、イタリア人はテレビで見るような、ちゃらついて女の尻を追いかけるだけの、軟派者と思われているかも知れない。しかし、その後の半世紀以上、わしを含めた海兵全員は、一日だってその事を悔いなかった事はないのだよ・・・。だから、君のお知り合いには、是非すまなかったとお伝えください・・・」

そう言うと、爺さんは年甲斐も無く泣き崩れた。
そしてよく見ると爺さんの胸には、会社の社章のような小さいもので気付かなかったが、古びたイタリア海軍の所属部隊のバッジが着いていた。

そして急な展開に戸惑った俺は、「わかりました、今度会ったら必ず伝えておきます」とだけ言って、挨拶をしてその場を去り、また炎天下の中に戻っていった。

今まで不思議ととても涼しく心地よかったのだが、その場を離れた瞬間また砂漠のような猛烈な暑さに見舞われた。
そして数メートル進んだ後、爺さんが何だか気になって振り向くと、このテの話にありがちだが、もうそこには誰も居なかった。

その爺さんが幽霊だったかどうかなんて、今となってはわからない。
ただ俺は、爺さんと最後に交わした挨拶を思い出して少し変だなと思った。

爺さん:「ここにいれば誰か日本の方が来ると思ってずっと待っていたが、わしの話を聞いてくれた人はどれくらいぶりだろう。皆、わしがまるで見えないかの様に、無視をして立ち去ってしまうのだから。ありがとう」

俺:「いいんですよ。でも、ここよりもっと街の中心の観光スポットに行った方が、日本人はいっぱいいるんじゃないですかねぇ。コロッセオとか。それでは、お元気で」

後日帰国して、久方ぶりに家で寝たきりになって殆ど誰とも口をきかない親戚の爺さん(元海軍)を訪ね、その話をした。
爺さんは何も言わず、ただ目に涙を溜めていた。
そして、その話を聞いた1週間後に老衰で他界した。

世話をしていた従姉妹によると、俺が会った後の1週間は爺さんが妙に明るく、皆に積極的に話しかけてたと言う。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!