末期がんのいとこ

オレのいとこの話をひとつ。

非常に仲の良いいとこが、25のとき末期がんになった。
人間としてすごく見ごたえのある人物だっただけに、身内一同とても落胆した。
いとこには当時付き合っていた彼女がいたが、心やさしい彼は嘘をついて彼女に別れを告げた。

それから1年半が経って、抗がん剤でなんとか延命していたが、いよいよ抗癌剤の効き目がなくなってきたらしく、ガンは徐々に大きくなっていった。

さすがに自分の余命を察したのか、それまで前向きだった彼も、毎日のように死を口にするようになった。
オレは励ますつもりで、「ガンって特効薬は、実は人間の身体に存在してるかもな。お前今日から、ガンが治るよう頭の中で呪文のように唱えろ」なんて、気休め程度のことを口走ってしまった。(つーか、何の根拠もない『ガンからの奇跡の復活』みたいなので読んだ話をしただけだった)

それから1ヶ月したある日、見舞いにいったオレにいとこが変な話をした。
聞くと、白衣を着た人間が、白い大蛇に乗って彼を治療にくる夢を、1週間に1回くらい見るようになったらしい。

「あー、オレついに、脳に転移しちゃったんだなw」なんて2人で笑った。

だが、それを境に奇妙なことが起こりはじめる。
まず、体力が回復してきて、食欲がでた。
そして、ガン細胞が増殖を停止したどころか、縮小し始めたのだ。

医者:「ひょっとしたら、切れるかもしれない」

前回、姑息手術で終わっただけに、その医者の言葉は信じられなかった。

その手術の前日、夢のなかにあの彼(白い大蛇に乗って)がやってきた。
彼いわく、「今日が最後の治療になる」と言ったそうだ。
彼は思わず「あなたは何者か?」尋ねたら、「お前が作り出した者だ」と答えたという。

手術は成功した。
ってうか、がん細胞はほとんど消えていたみたいだ。
驚くべきは、術後の医者の言葉だった。

医者:「どこかで治療しました?」
いとこ:「何でですか?」

医者:「だって、私の記録に無い治療を行われた痕があったような・・・。記憶違いかもしれないけど」

驚いた。
っていうか、マジぞわーってした。
医者の話によれば、ごくまれに末期からの復活をする人がいるらしいけど。
オレはあの医者だと思ったが、リアル世界では通用せんと思って心の中にしまっておくこととした。

奇跡はこれで終わらなかった。
完全回復した彼は、くそまじめなことに、突然別れた彼女に対してお詫びをしようと何年かぶりに彼女に連絡をした。

それから何年かして、先日彼らは結婚した。
新郎側は涙、涙だった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!