異世界の駅

転勤族なんであちこち行くんだけど、三重県に住んでた頃の話。

出張で大阪行って、昼過ぎに電車に乗ったのね。
で、名張だったか桔梗が丘だったか忘れたけど、乗り換えの駅で降りたわけよ。
そしたら古くさい駅でさ、薄暗いし、駅員さんの制服もなんか違うし客も昭和っぼいの。
アナウンスもくぐもってて変だったけど、とりあえず目的の電車に乗って宇治山田駅で降りたの。
明るくて近代的でホッとしたんだけど、駅から出たら真っ暗でさ、商店街とか飲み屋の明かりも消えてるの。
時間的にはまだ明るいはずだし、車も走ってるはずなのに。

変だけど仕方ないからタクシー呼んで帰ったんだけど、電話架けるるとき携帯の時間を見たらさ、夜中の3時少し前なんだ。

そんな時間に電車走ってねーし、オレ何に乗って来たんだよ!って振り向いたらさ、駅、閉まってんのよ。

さっき改札出てきた駅だぜ?

タクシーの運ちゃんは普通の人で「飲み会ですか~?え~お仕事?お疲れさまです」なんて話してた。

なんだったんだアレ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!