おっちゃんが怯えていたモノ

昔家のそばに恐いおっちゃんが住んでた。
恐いと言ってもヤクザとかではなくただ単に頑固なだけだったのだが。

友達と悪さしてるのがばれるとよく走って追っかけてきて怒られた。
その日もいたづらして逃亡していたのだが、追っかけられてる途中に小さな物置が捨ててあるのを発見した。
鍵もかかっていなかったしそろそろ息も切れていたので、そこに隠れることに。

しかしすぐバレたようで、おっちゃんは「そこに隠れたのはわかってるんだぞ」と言いながら物置の扉を開けた。

おっちゃんはニヤニヤしながら物置に首を突っ込み、俺を探していたのだが、ある一点を見た途端おっちゃんの顔色が変わり、冷や汗を流しガクガクと震えだしたかと思うと訳のわからないことを叫びながら扉を閉めて逃げていった。

俺は何があったんだろう・・・と思いながらも物置から出て帰宅した。
その日以来おっちゃんは殆ど外に出てこなくなった。
家の窓にはカーテンがしめられ、庭の世話もしていない。

ある日、俺がおっちゃんの家の前を通りがかったとき、何かに怯えているような様子のおっちゃんが話し掛けてきた。

おっちゃん:「おい、俺がもしあの物置の所に行こうとしたら、何をしてもいいからとにかく止めてくれ!頼む!」

鬼気迫る様子に俺はただ頷くしかなかった。

おっちゃんが失踪したのはそれから一ヶ月も経たないうちのことだった。
朝早く、あの物置があった運動場の方面にふらふらと歩いていくのが目撃されたのが最後だったらしい。
捜索願いが出されたにもかかわらず、おっちゃんは発見されなかった。

しかし、10年ほどたったある日、おっちゃんはふらふらと戻ってきた。
顔は薄汚れ、髭は伸び放題だったが、服は失踪した当時のままだった。

おっちゃんは気の毒にそれ以来気が狂ってしまったため、10年近くどこに行っていたのかは遂に分からなかった。

おっちゃんはあの物置で何を見たんだろう。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!