5月のキャンプ中での体験談

5月だというのにキャンプ場に霜が降りた。
慌ててテントを張る父を弟が手伝っていた。
私は母と炊事場にいた。

テントの方を見ると、弟が眉間にしわを寄せて目を閉じている。
父のすぐ後ろ、手元を覗き込むように毛むくじゃらの1本足、一つ目に笠をかぶった案山子がいた。

皮膚がドロドロで、なんといっていいのか・・・不気味だった。

手にしていた鍋を落とし、母にしかられた。
片付けて顔をあげると目の前に立っていた。

気付かないフリをして料理を続けていると林の中に消えていった。

弟は私がそばに行くと、「あれはムリや・・・」とつぶやいた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!