山の中の光る紅玉

先輩の話。

秋も終わる頃、一人で山を縦走していた時のこと。
夕食を終えた先輩は、鼻歌を歌いながら焚き火に木をくべていた。

ふと、少し先の木々の間、一つチラチラと光る紅玉があるのに気がつく。
焚き火の灯りを反射しているようで、一瞬ガラス玉かとも思ったが、それにしては空中を漂っているのが妙だ。

何だろう??と見ている内、いきなり光はしばしばっと点滅した。
まるで、猫や犬の瞳が暗闇で瞬きをするかのように。

次の瞬間。
ざんっざんっ!、と乱雑な音がして光はかき消すように消えた。
何かが闇の中、飛び跳ねながら遠ざかっているような感じを受けたという。

不思議に恐いとは思わず、その後も予定通りに山行を終えたのだそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!