鬼の腰掛けという石

知り合いの話。

彼の田舎の峠道には、鬼の腰掛けと呼ばれている石があるのだという。
昔、そこらの山には鬼がいて、峠を行き交う人を獲って喰らっていた。
獲物が通りかかるのを、その石に腰掛けて待っていたという伝承話だ。

数年前、帰郷していた彼は夜中にそこを通り過ぎようとした。
真っ暗な山の中、月明かりで道だけが白々と浮かび上がっている。

ギョッとした。

まだかなり距離はあったが、鬼の腰掛けに大きな黒い人影が腰を下ろしているのが見えたのだ。
明かりも何も点けないままで・・・。

こちらに気がついているのかいないのか、何も目立った反応はない。

鬼など信じてはいなかったが、まず近寄りたくはなかった。
結局、引き返して麓の道を遠回りして帰ったそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!