一生後味が悪い話

高校生のころに、ある友人から聞いた話。

その友人(以下A)は運動部に所属していて、福島県内のある青年の家で合宿をした。

夜、他の友人たちと、施設内をブラブラあるいたりしてまったりしてたらしい。
自販機のある区画でたむろしていると、ある友人が、「あれ、だれだ?」と。

窓から外をのぞくと、施設の建物の向こう側の棟の窓辺(かなり上の階)にも人がいたらしく、他の生徒かもしれないと思ったが、Aたちの運動部はそっちを使用しておらず、また、他校が使っているわけでもなかった。

皆で見てると、向こう側の窓辺にいるその人は、手を振ってきた。
Aたちはノリで手を振り返すと、その人はにっこり笑った。
そして・・・窓から身を投げた。

自殺者だったらしい。

Aが不気味がっていたのは、『偶然ではあるが、最後にコミュニケーションをとったのが自分たちだった』という点で、今でも自殺者の笑顔が忘れられないらしい。

この事件、調べれば出てくるんじゃないかな。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!