アレルギーを治してくれた人

私の体験した話。

小学校から高校にかけて、私はひどい漆アレルギーを持っていた。
一旦かぶれてしまうと、皮膚が腫れ水泡は吹きまくり、粘液が絶えずこぼれた。
その腫れたるや並大抵のものではなく、手首や肘が曲がらなくなるほどの状態まで悪化するのだ。
そんな私がなぜ登山部に入っていたのか、皆が不思議がる。
実のところ、自分でも理由がよくわからない。

高校二年生の夏山合宿、珍しく私はかぶれることなく帰還した。
アレルギーがなくなったかと、嬉しくなったのを憶えている。
帰ってきてから四日目、夢の中に見覚えのない老爺が出てきた。
腰が曲がって杖をつき、白い髭が胸まで伸びていた。
老爺はキョロキョロとするうちに私を認め「あぁ居た居た」と嬉しそうに近寄ってきた。

「すまんすまん。忘れておったよ」

そう言いながら右手の杖で、私の身体をつんつんと突付く。
そこで目が覚めた。

次の日から、猛烈なアレルギーが私の全身を襲った。
高熱が出て瞼も塞がり、三日ほど学校を休むことになった。
いらんことをっ!私は床であの爺さんを呪うことしか出来なかった。

しかしその件以降、ぱったりと漆アレルギーは失くなってしまった。
帳尻でも合わせてくれたのかなぁ、そう何となく思っている。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!