”ちんば”の足跡

友人の話。

彼女の実家は山奥深い村だ。
今は廃村となってしまったが、そこで奇妙な物を幾度となく見たという。

幼稚園の時分、知り合いの小父さんと一緒に雪道を歩いている時のこと。
すぐ横手の雪の上に、見たこともない足跡が付いていた。
右足は彼女と同じくらいの子供の足跡。
裸足で、指の跡がはっきり見えた。

左足の跡は、明らかに人間のそれではなかった。
後で見知った所によると、鹿の蹄跡によく似ていたという。
その足跡を見た小父さんは、顔をしかめてこう呟いた。

ちんばが出おったか。

苦々しげな口調に、とても何かを尋ねることはできなかったそうだ。

彼女はその後村にいる間、何度となく怪しい足跡を見たと言っていた。
いずれも、右足は子供で左足は鹿の物だったという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!