畳の下に大量の・・・

私が小学生の頃に住んでいた社宅での話です。

その社宅は一棟が四階建てで、一つの階に二部屋(二世帯)という構造でした。
当時の私の家は二階の一室で居間に振り子付きの壁掛け時計を設置していました。

振り子付きといっても、『ボーンボーン』と鳴って定刻を告げるような立派なものではありません。
振り子はプラスチック製の単なる飾りで、人が触らないと揺れもせず、揺れてもすぐに止まってしまうという、本当にちゃっちいものでした。

しかし、ある日母と外出して家に帰ってきたところでふとその時計を見ると、振り子が勢いよく揺れていたのです。

不思議に思った私が「あの振り子何で勝手に動いてるの?」と言うと、母は「留守中におばあちゃんでも来て触ったのかもね」と言っていました。

いくら祖母でも勝手に上がって時計なんか触るだろうか?

そう子供ながらに不自然に感じました。

ちなみに昼間だったので父は仕事中です。
鍵をかけ忘れて外出していたわけでもありません。
なお、その動いた振り子は母が触って止めていました。

その後、再び振り子がひとりでに動いたなんていうことはなく、その一件は忘れかけていたのですが、十年以上経って、丁度振り子の件と同じ時期に社宅の中で話題になっていた話を母から聞いて思い出したのです。

その話というのが、同じ棟の四階の一室で不可解なことが起きていたというものです。

元々そこには夫婦が二人で住んでいましたが、ご主人が癌か何かの病気で亡くなり、奥さんも社宅を出て実家に戻ったそうです。
その後、その部屋に他の世帯が入居したのですが、皿などの物がひとりでに落ちて壊れたり、誰もいない廊下や部屋から物音が聞こえたり、ということが頻繁にあったそうです。

ある時、畳替えでその部屋の畳を剥がしたら、畳の下にお経が書かれた大量の紙が敷き詰められていたというのです。
おそらく奥さんがご主人の平癒祈願として書いたものだろうということだったのですが、これが原因ではないかということでお祓いをしてもらい、その紙も神社か寺でちゃんと処分してもらったそうです。

それ以来、現象は起きなくなったということだったのですが、物が勝手に動くという点が、私の家の振り子の件に似ていると思いました。
揺れる振り子を見た時、母はその話を知っていたから、私を怖がらせまいと適当なことを言ったのかもしれません。

亡くなったご主人の霊とか奥さんの念とか、そういうのが関係していたのかは分かりませんが、今にして思えば、その社宅自体どことなく暗い雰囲気があったし、ちょっといわくつきだったのかなあとも思います。

現在その社宅は取り壊されて大きなスーパーが建っています。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!