パーカーを着た男がいつも・・・

中学のときの話。

近所の友達と三人で登校するのが日課だった。
横断歩道を渡って住宅街の中に入るんだけど、三人で歩いてると、後ろから足音が聞こえる。
振り返ると誰もいない・・・ということがしょっちゅうあった。

足音は、たまに友達のうちの片方が「聞こえた」って言ってくれるときもあったけど、ほとんど自分にしか聞こえてなかった。

全員聞こえてることは無かった気がする。
不思議は不思議だけど横道もあるし、家に入ったのかもしれないという感じで片付けてた。

ある朝いつもと同じように三人横並びでその道を歩いてると、足音がした。

またいないかも・・・とか微塵も思わなくて、よけなきゃ、と振り向いた。

すると、黄色いパーカーを着た男の人がいた。

顔は見なかったけど多分まだ若くって、背が結構高い。
「ちょっとダサイ格好だなぁ」と思ったのを覚えている。
自分たちとの距離は1mくらい。

振り向いて一瞬見た後、一回前を向いて、もう一度振り返った。

誰もいない・・・。

さすがにびっくりして振り向いた勢いのまま一回転してしまった。

いつもなら横道や家に入ったんだろうで済ませられたんだけど、その時いたのが左右に10mくらい生け垣と塀が続いてる所で、どこにも逃げようが無い。

友達に「どうしたの?」って聞かれたから、見たままを正直に答えたけど、気味悪がれるだけだったのですぐその話は止めにした。

それから何年かたって、それぞれ違う高校に進学した年の夏休み。
久しぶりにあの時の三人で遊ぼうということになった。
遊ぶと言っても近所の公園でちょっと花火をするくらい。

しょぼいながらもそれなりに盛り上がってきた頃、後ろから足音がした。

犬の散歩だと思った。

「せっかく盛り上がってんのにわざわざこっちに来て・・・めんどいなぁ」

などと考えつつ振り返ったら、また黄色いパーカーを着た男の人がいた。

その時は気がつくとふっと消えていった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!