そんなのすぐに捨てなさい!

小2くらいの夏休みの話。

外で遊んでいたら、同じ学校の子たちが20人くらいゾロゾロ歩いていて、その中に友達がいたから声をかけると、「一緒に来いよ!」と。
先頭には童話にでも出てきそうな『ザ・紳士』なお爺さん。
行先はスーパーで、みんな一心不乱にそれぞれカゴにお菓子を詰めだした。

友達にどういうことか聞こうとしても興奮状態で聞こえていない。
お爺さんに「君も好きなだけどうぞ」と言われても、「僕はいいです」と少し離れて見ていた。

その後はみんなレジ袋いっぱいのお菓子を抱えて、お爺さんにお礼を言って解散。
友達に「お前何遠慮してんだよ~!」とか言われていたら、お爺さんが飴を一本くれた。
形状はチュッパチャップスなんだけど何か違う。
包み紙が古い世界地図みたいで、なんだか洒落てたのを覚えてる。

帰って親に話したら、「何それ!!アンタも買ってもらったの?!」と怒られ、一緒に行ったけど買ってもらってないと話した。
飴のことはなんとなく言わなかった。
夜、せっかくもらったし・・・と飴の包みを剥くと、こんにゃくのような変な色だった。
臭いも埃っぽくて、気持ち悪くなってすぐに捨てた。

翌日友達に詳しく聞こうとしても、「まあ別にいいじゃんww」とだけ。
なんだったんだろうあのお爺さん。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!