前前前世

飼い猫の死後2ヶ月で息子出産。
泣き声が飼い猫そっくりなのは疲れてるからだと最初は思ってた。

生後2週間くらいから謎の大泣きでは、たはた困り果ててややノイローゼ気味だった自分が、自棄になって飼い猫のお気に入りだったクッションに寝かせたらピタリと泣き止んだ。

その後もクッションで寝かせている限りお腹すいた泣きしかしない手のかからない子。
成長して動き回るにつれて、まだろくに歩きもしないうちから高い場所に登るの大好き、日中好きな遊びは日向ぼっこだったり、食事の後は手で顔中を触らないと気がすまなかったりと、どんどん猫っぽくなってきた。

ママ呼びしてもらおうと育ててきたのに、定着した呼ばれ方は飼い猫と話す時に使ってた一人称の『かあちゃん』。

夫も両親もそんな呼び方教えて無いと否定。

『ここに来る前どうしてたの?』の質問に、「ずっと一緒にすごしてたよ」ときた。

息子の前世は飼い猫かもしれない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!