死んでも仲良し

ついさっきの事。

近所の米屋の店先で、店の前に出した長椅子に座ってた米屋のじいさんが、ガックリ肩を落としたような感じでタバコを吸っていた。
すると、「随分しょぼくれてんなぁー!ボケが始まっちまったかぁ?あぁ?」と大声が聞こえた。
見ると、米屋の向かいの酒屋のじいさん。
見慣れた姿で腰に手をあてて、米屋に向いて立っていた。

そういえばこの二人、耳が遠いんだか、地声がでかいんだか・・・仲がいいんだか、悪いんだか・・・道を挟んでよく大声で話していたなぁ。

べらんめぇ調の酒屋のじいさんの大声も懐かしい。
・・・と思って気が付いた。

そうだ。
酒屋のじいさん、一昨年亡くなったんだっけ。
だから米屋のじいさんもしょぼくれて・・・。

酒屋のじいさんがこの世の者で無いことに気が付いたと同時に、じいさんはこっちを向いて『あいつに言ってやってくれ』といった感じのジェスチャーをしながら消えていった。

私にどう言えというんだろう?

それより・・・米屋のじいさんに見えるように出てこいよ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!