古臭い方言で語り掛けてくる

夏は遊ぶ=海で泳ぐくらいしか、勉強以外にする事がないド田舎が実家。
進学で地元を離れたまま、就職、結婚して、初めて子を連れて帰省した夏の話。

昼間、明らかにはしゃぎ過ぎて、早々に子どもは寝ちゃって、両親と夫はまったり晩酌。
私は一人で「親になって帰省した私」に浸りたくて、ぶらっと散歩に。
(ここよりは)都会で、優しい夫と可愛い子どもに恵まれ、頑張ってる私。
この海の町は青春時代のまま・・・などと派手な勘違いにドップリ浸かりつつ、よく泳いでいた浜に向かった。

テトラポットにもたれ、星を愛でる私・・・を精一杯演じて、謎の満足感を味わい、帰ろうかと正面に向き直ったとき、テトラポットの影に何かいるのを目の端で察知。

犬猫サイズじゃない。
小学生くらいの背丈。

ガチャピンを雑にしたみたいなシルエットで、一瞬で背中が冷たくなった。
その得体の知れない雑なガチャピンは、「私っち、もんてきたんけ、ほーけ。わしはいぬるぞな。ほいたらの。」(私っち、帰って来たのか、そうか。わしは帰るよ。またね。)と呟いて居なくなった。

翌日、入院している拝み屋(=お祓い屋)の祖母を見舞った時、「私っち」という学生時代のあだ名で呼ばれ、古臭い方言で話しかけられた。
多分知り合いのイタズラだろうけど、お盆だし怖かったと話をしたら、「それはエンコかも(笑)。エンコはね、私ちゃんが気になるみたいで、地元を出た年からずっと会いたがってて、探してたよ」って教えてくれた。

エンコとやらを詳しく知ってる口振りだったけど、なんとなく怖くて結局聞けないまま、祖母は他界した。

オチのない話だけど、身に起きた唯一の不思議体験。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!