兄貴を支える者

その日はなかなか仕事が終らなくて、自宅近くのバス停に降り立ったのは22時少し前だった。
自宅のマンションに向けて歩いていると、数メートル先に一人の酔っ払いが歩いていた。
酔っ払いは片腕を上げながら千鳥足で歩き、時折笑い声を上げていた。

『嫌だなぁ。絡まれたりしたら面倒だ』

そんな気持ちもあって、酔っ払いとの距離を縮めないように気をつけて歩いていた。

自宅マンションの近くまで来た時、エントランスから漏れる光で酔っ払いの横顔が見えた。
兄貴だった。
ホッとするのと同時に、『やれやれ』という気持ちで兄貴に声を掛けた。

私:「随分飲んでるようだね」
兄:「おっ!○○(私)かっ!オイ!□□(兄貴の友達の名前)。俺の妹だ!チョット美人だろ?でも良く見るとブスなんだ!ハッハッハ!あ?あれ?□□は?あれ?」

私:「酔いすぎだよ。今日□□さんのお通夜だったんでしょ?今朝言ってたじゃん」
兄:「そうか・・・そうだな。そうだ。・・・そうだ。ふぅ」

さっきまでの上機嫌な表情は消え、下を俯きながらフラフラとエレベーターの前まで来て、灰皿に腰を掛けた。

私:「ちょっ!灰皿だよ。汚れるよ!」

兄貴の脇の下に潜り込み、兄貴を支えながらエレベーターに乗り込んで気が付いた。

私:「え?この格好(片腕を上げて千鳥足)・・・」

兄貴はその言葉に気が付いたように、

兄:「□□がよぉ・・・送ってくれたんだ。『危ないですよ』ってよぉ。悪いことしちまったなぁ。アイツの通夜の日によぉ。本当。本当に・・・申し訳ない」

私には□□さんの姿は見えなかったけど、兄貴のあの時の歩き方は誰かに支えてもらっているようだった。

□□さん。
ご安心ください。

あれから兄貴は深酒を止めました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!