あり得ない落下物

友人の話。

単独で小さな山に篭もっていた時のことだ。
夕暮れ時、そろそろ野営に入ろうかと思い、適当な場所を物色していた。
大きな松の根元に丁度テントが張れるほどの平坦な場所を見つけ、荷物を降ろす。
その時、頭の上からくぐもった話し声がした。
かすれていて話の内容は聞き取れなかったが、二人で何事か相談している感じ。
何だろうと思って見上げようとした瞬間、ザザァッ!と何かが大量に降ってきた。

次々と登山帽にぶつかって地上に散ったそれは、きらりと金属の光沢を見せる。
数え切れないほどもある注射器の針だった。
見たところ、どうやらすべて使用済みの物のよう。

頭が理解するや否や、慌てて飛び退る。
幸いにも、身体に突き立った針は一本もなかった。
脱兎のごとくその場から逃げ出し、かなり離れた場所で休んだそうだ。

「ひょっとしたら片付けてほしかったのかな」

そう考え付いたのは、山を降りてからだったという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!