その心霊スポットは実は・・・

友人の話。

彼女は時々、変わった夢を見るという。
と言っても特に内容が変わっている訳ではない。
夢の中で気がつくと、彼女は実家の元自分の部屋に立っている。
部屋の様子は記憶にある通りで、調度品などが手に取れる程リアルに感じられる。

別に何かすることもなく、決まってウロウロと部屋をうろついて外を見る。
これまた決まって大きな満月が天にかかっている。
そして月を見ると目が覚める――そういった夢らしい。

中学生になり実家を離れてから、この夢を見るようになったそうだ。
どうせならもっと面白い夢がイイなぁ、と彼女自身は思っていた。

大学生になってから里帰りした時のこと。
久しぶりに昔馴染みと飲んでいるうち、肝試しをしようということになった。

友人:「かなりの率で幽霊が出る心霊スポットがあるんだよ」

友人はそう言う。
集まっていた皆がそういう類いの話を好きだったらしく、行こう行こうとなった。

件の友の話では、町外れの山にある古い大きな家がそのスポットらしい。
満月の夜、部屋の中に透き通った女が出るのだと。

まさかまさか、とドキドキしながら案内された先は。
紛うことなく彼女の実家だった。

「今日は出ないなぁ」
「満月じゃないからじゃないか?」

皆はそう言いながら、実家の窓を眺めている。

「多分、それ私」

・・・という一言は、結局最後まで言えなかった。

今でも彼女はたまにその夢を見ている。
いつものように部屋をうろついて外に目を向けるのだが、最近は月を見る前に道路を確認するようになったという。

時には、彼女の部屋をじっと見ている者がいるのだそうだ。

「知り合いだったら嫌だなぁ」

そう彼女はぼやいていた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!