自分のウンコが追ってくる

友人の話。

実家近くの山に、とある用事で一人入っていた時のこと。
そこは実家の持山だったが、入る前に「礼儀正しくしろ」と注意を受けた。
何のことかわからず、あまり気にしなかったという。

山に入って二日目、異臭が彼の目を覚ました。
テントから顔を突き出すと、目と鼻の先に排泄物が放置されていた。
大きさからして間違いなく人間のそれだ。
ご丁寧にトイレットペーパーまでひらひらと残されている。

何処のどいつだ!
向かっ腹を立てたがそれで目の前の物体が消える訳でもない。
仕方なく、その場で穴を掘って処分した。

三日目、やはり悪臭に起こされた。
恐る恐る外を見ると、二つに増えた排泄物体が鎮座していた。

一体何が起こっている?
困惑しているうち、あることに気がついた。
物体の一つは土塗れになっている。
まるで土の中に埋まっていたかのように。

その時突然、頭に馬鹿げた考えが浮かんだ。

「これってもしかして、俺自身が排泄した物!?」

急に何もかもが嫌になり、さっさと埋めてその場から逃げ出した。

しかし、翌日も物体は追ってきた。
怖れていた通り、その数は三つに増え、内二つは土塗れになっている。
堪らず、その時点で山を下りたという。

祖父:「そりゃババウソに付け回されたんだ」

家に辿り着いて話したところ、祖父にそうぼやかれた。
聞けばその山を縄張りとしている川獺(カワウソ)がいて、勝手にババをした者を許さずに追い回すのだとか。
それもご当人のババを使って。

「だからババウソ」と実家では呼ぶのだそうだ。
付いて来なくなった所が、縄張りの境界なのだという。

祖父:「雉撃つ前に、山に一言断らないからだ。無作法な奴じゃの」

祖父さんはそう言って、それ以上は相手にしてくれなかった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!