不吉な風

知り合いの話。

幼い頃、山で薪拾いの手伝いをしていた時。
しゃがんで一心不乱に薪を選んでいると、カサカサという音が聞こえてきた。
息苦しさを覚え顔を上げてみると、目の前に小さな旋風が起こっていた。

灰色の砂が渦を巻いて吹き上がっている。
旋風自体は見慣れていたが、それには何やら嫌な感じを受けたという。

旋風は急に速度を上げて、ずずっと彼に迫り始めた。
思わず薪を投げ棄て、助けを求めて逃げ出した。

叫び声を聞いて飛んできた祖父は、旋風を認めて険しい顔になった。
彼を後ろに庇うとずらりと山刀を抜き、躊躇なく渦の真中に切りつける。
しゅんっ、と音を立てて、旋風は消滅した。

大きく息を吐いた祖父さんは、彼の頭を撫でながらこう言った。

祖父さん:「あの旋風はダイバカといってな、馬を殺す風だ。あれが鬣に触れると、馬は居っ立って、口から血泡ぁ吹いて死んじまう。昔は馬を飼ってた馬子も多かったからな、この辺りにもよく出たもんだ」

不安になった彼に「人は取り殺さないから、まぁ大丈夫だろう」と祖父さんは告げて、そのまま薪拾いを続けさせたそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!