アナジと呼ばれる良くない風

後輩の話。

以前、山奥の親戚の家を訪れた時のこと。
そこは地方の旧家で、一風変わった古物が沢山あったのだという。
彼はその手の物に目がない。
早速、蔵の中を見せてもらった。
年季の入った骨董を感心しながら巡るうち、奇妙な物を見つけた。

黒くて少し大き目の風車。
奇妙なのはその材質だった。

薄く叩いてはいるが、どう見ても鉄で出来ていた。
錆がごつごつと浮いており、かなり強く息を吹きかけても回らない。

彼がそれを弄りまわしていると、お祖母さんがお茶を持ってきてくれた。
手の中にある風車を見て「それはアナジを知らせる印だよ」と教えてくれる。
アナジとは専ら冬に吹く強風で、良くない物らしい。

これが吹くとその数日後に、決まって大火が起こったのだという。

お祖母さん:「昔の家は木造ばかりだからね、こんな山奥で火事になると大変だったよ」

こんな鉄の風車を回す風って、どんな風なんだろうな。
彼はぼんやりとそう思った。

更に聞くと、最近アナジは滅多に吹かなくなったそうだ。

お祖母さん:「温暖化って言うのかしら、そいつの影響かもしれないねぇ」

お祖母さんはそう言って、一人うんうんと頷いていた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!