因果応報とはこの事

いとこの話、伝聞調にするとウザいんでいとこ視点で書きます。
あと、若干オカルト注意。

私の母の実家は代々霊感もちが多め。
私や叔母は全然ないけれど、祖母、母、妹、兄娘などが若干の霊感もち。
でも霊が祓えるほどではなくて「なんとなくいいものか、悪いものかわかる」程度と聞いていた。

結婚して6年目に旦那の不倫、不倫相手の妊娠が発覚。
上手くやってきたと思っていただけに青天の霹靂。

大混乱しつつ、再構築を希望し、別れない!!と主張する私に、離婚届(記入済み)と「俺のことを忘れて幸せになれ」という手紙を置いて旦那は逃亡&転職してゆくえ知れずに。
貯金は慰謝料として(?)3分の2ほど残してくれていた。

私はショックのあまり寝込んで、実家で静養することに。
しかし、しばらくして夫からlineで連絡が入るようになる。

結構な長文で離婚届の提出の催促と、私の健康を心配する内容だった。
返信はしたが、どうしても離婚届は出せなかった。

ある日、旦那からのlineをみたら、「いやだ!死にたくない!!」っていう旦那の絶叫が耳元で響いた。
びっくりして絶叫してスマホを投げ捨てた。

私はてっきり、そういうボイスメール的な新機能をlineがつけて、旦那がそれを悪戯で送ってきたのかと思った。

そういう子供っぽいことをする人じゃないと思っていたし、健康を気遣う連絡もそれなりにあったので、まだ私のことを少しは好きかも・・・という気持ちも少しはあったけれど、その気持は木端微塵になり、急速に冷めた。なんか目が覚めたって感じ。

私の何が悪かったんだろう・・・から、一転。
不倫の最低糞野郎と初めて怒りが沸いた。

離婚届提出、以前のアパートの引き払いなどサクサク動いた。
再就職のためスマホも新しいのを買った。

私の急な立ち直りっぷりを不思議がった家族に、事情を説明してそのlineを見せたら母と妹がギョッとして後ずさった。

二人はしばらく見つめあった後、こういった。

母:「旦那さん、亡くなってるわ」

私はびっくりしてlineを見た。
そこにはあったのは「しにたくな」の文字列だけ。
ボイスメールなんてなし。

妹:「正確には、『嫌だ、死にたくない、助けて』だね」

・・・と二人でうなづく。
二人によると何らかの原因での死に際してとっさに私に助けを求めたらしい。

母:「旦那さんの『死にたくない』って気持ちが強すぎて、霊感ない姉ちゃんにも聞こえたのかも。姉ちゃんが呪い殺したわけじゃない。でも、姉ちゃんが『戻ってきてほしい』って強く思いながら、このスマホをずっと使っていたから、
向こうでちゃんと供養しているのに旦那さんの霊がかなりこっちに引っ張られてる。早くスマホ捨ててlineも、もう使わない方がいい。他にもつながりがあるものはなるべく捨てたほうがいい」

半信半疑ながら大慌てでスマホをリサイクルに出し婚姻関係終了届を出した。
母と妹はそっちはそっちでオカルト的な対策はしてくれたらしい。(塩とか、お札とかよくわからない)

しばらくした後、亡くなっているなら妻であった自分のところに連絡が来ないのはおかしいとと思い、妹に尋ねると、「旦那さんは多分、女に捨てられてめんどくさいことになってる。亡くなったのはのは外国の海。まだ遺体は見つかってないし、もちろん供養もされてない。多分対外的には行方不明。戻ってきてほしいっていう姉ちゃんの思いに引っ張られてるし、霊は『心変わり』っていう概念が理解できない。だから、助けてって言ってきたんだろう。供養されていると言わなければ、姉ちゃんが探しに行くと言うと思った。危なすぎるから供養されていることにした」と。
本当に危ないからこれ以上元旦那ことをは考えちゃダメだと言われました。

けれど、不思議なくらいに「自分を捨てて勝手に死んだ男のことなんて」と思うばかりで、心配な気持ちは浮かんでこず、もはや関係ないという思いで、あまり思い出すこともありません。

今は霊感の無い私に「そいつを思い続けるのは危険だ」と守護霊が教えてくれるために一瞬だけ元夫の声を聴かせてくれたのかと思っています。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!