そこは空気が淀んでいる

職場の飲み会の時、たまたまたパートのオバサンと話をしていた時に、○○公園近くにある焼肉屋が美味いって話をしたら、「あー。あのアタリね、あんまりいかないほうがいいわよ。あそこら辺、何かあるわよねー」と言い出した。

あの周辺には姉が住んでいたので「何かって何ですか?」と聞くと、「多分沼か池があったんじゃないかと思うの。同じ水でも川なら問題ないんだけどね、池とか沼が今もある感じで、あのあたり空気が淀んでいてひんやりしてて、長く居たら悪い影響が出る場所よねー」と言っていた。

その後、姉が持病の関係で手術を受けるので入院し、お見舞いにいったので、さり気なく「今のマンションどう?」って聞いたら、「家賃安いし、その割に広くて綺麗だしいいよ。でも、日当たりいいのに鉄筋だからか凄く寒くて、妙にひんやりしてて、引っ越してから子供がしょっちゅう風邪ひくし、旦那まで冷え性になったとか言い出すわ、水周りのトラブルもあるし、
引越し先探してるの」と言った。

ちなみに、姉の旦那は大工で一日中炎天下で肉体労働をしているので、冷え性とは無縁のはずなのに、何故か二の腕が冷える、腰が冷える、足の先が冷えると言い出したらしい。

胡散臭いけどさ、と前置きして、そのパートのおばちゃんのことを伝えた。
姉は幽霊とか信じないタイプなんだけど、さすがにちょっとびっくりしたようで、「沼とか池って確かにわかるわー」と妙に納得して、その後引っ越した。

引っ越してまず子供が風邪をひく回数が減り、旦那の冷え性も少しずつ解消して、ついでに姉の持病も軽くなっていった。

偶然かもしれないけど、『何かある場所』っていうのはあるかもしれんな、とちょっと思った。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!