謎の木の葉

そこは付近一帯、紅葉しない山だが、その家だけは別だという。

秋の一日だけ、山の中にぽつんと建っているその家は、紅葉した木の葉で埋もれそうになる。
翌朝には、きれいさっぱり木の葉は消えてしまう。

何かの祟りや罰なのか、あるいは褒美なのか、それさえ分からないが、とにかく毎年、木の葉が降り注ぐ。

庭に立ち、空を見上げると、高い空の彼方からひらひらと、しかしまっすぐに真っ赤な木の葉が降ってくるのだという。
遠くからは、のろしのように、赤い煙が立っているように見えるらしい。

すでに書いたように、由来は不明だが、大規模な山火事があって以来、その家だけに木の葉が降り注ぐようになったという。

厚さ20センチにもなるというから、相当な量だろう。
とはいえ、木の葉がどこから来るのか、誰も知らない。

木の葉が降り積もると、何やら小さな動物がその中を動き回るが、その姿をはっきり見た者は、いない。

由来を知る先代の当主が数年前に急死したため、現在の当主は深い事情を知らずに、この奇妙な出来事と向き合っている。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!