触れてしまうと大病になる

友人の話。

下生えを刈るため、山に入っていた時のこと。
鎌を持つ手を休めて顔を上げると、すぐ先の梢に何か下がっているのが見えた。

丁度彼の目線の位置で、握りこぶしほどの茶色い袋が吊り下げられている。
どこで結ばれているのか、紐の上端は木々の高みに溶けていて見えない。

ついさっきまで、こんな物はなかった筈だけど・・・。
興味を引かれた彼が手を伸ばすと、背後の大叔父が怒鳴り上げた。

大叔父:「触るんじゃない!」

慌てて手を引く。
無視しろ!と怖い顔で言われたので、とりあえず従っておくことにした。

昼に弁当を広げた時に初めて、あの袋について説明されたという。

大叔父:「ここらの山には、昔から茶袋っていう物の怪が棲んでいるんだ。口を開けて中を見ると、悪い気に当てられて大病を患ってしまう。他に悪さはしないんだが、長生き出来なくなるのは嫌だろ」

妖怪と呼ばれる代物なんて、実際に見たのは初めてだったなぁ。
彼はどこか嬉しそうにこの話をしてくれた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!