実体のないモノが動物に宿る

四国の田舎の話。

小1くらいのとき、祖母の実家へ先祖参りで行った。
リアルトトロな田舎ね。

親戚一同集まって、所有してる小山(舗装されてないし、所々に墓があるだけ)へお参りした後は、昼間から大宴会。

で、退屈して、その山へ行ってみた。
虫でも採ろうと思ってたんだと思う。

個人所有の小山なんで、道なんてない。
草が生えてない轍みたいなところ(親戚が椎茸栽培で行き来してる跡)が頼り。
で、何を考えたんだか、道を逸れて草むらの中に入ってみたのよ。

50cmから、長いと1mくらいの草が生えてるから、小1の自分は歩いてた小道を見失って迷子になった。
周りは同じような雑木だらけ。

途方にくれてたら、ちょっと離れたところに猫がいた。

サビっていうの?
黒と茶のマーブルの。

猫だ!って思って近寄ったら、猫はススッと逃げる。
なんとなく追い駆けてたら、気づいたら山を抜けて出られた。
山を抜けたところで猫は見失った。

今思うと、山の何かが助けてくれたのかなぁと思う。
ふっと目の前に現れて、逃げるときの歩き方も変だったし、耳がすごく大きかったし。

今は感謝してる不思議な体験。
次の年、猫缶こっそり供えたんだけど、猫の姿借りてただけだったら済まぬ・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!