左の階段は地獄行き

昨年インフルにかかったときのこと。

40度以上の熱が続いて、5日目くらいに臨死体験のようなものをしました。

アルプスの様な山脈に囲まれた花畑に居て、目の前に幅30センチほどの小川が流れていました。

その川の向こうに、私が生まれる前に亡くなった祖父が居て、「ビルエヴァンスのコンサートチケットがとれたから、ひいおばあちゃんと、3人で観に行こう。」と誘ってきました。

しかし、『川の向こうへ行ってしまえば戻れなくなる・・・』と思い、食い下がる祖父を説得し、帰り道を聞きました。

すると祖父は私の背後にある、石でできた地下への階段を指差しました。

その階段は左右に分かれており、右の階段はこけやゴミなどで汚れていて、左の階段は手入れされているのがわかるほどきれいでした。

祖父は「帰るなら、右側の階段を進みなさい。左にはいっちゃだめだよ。左は、地獄への階段だからね。」と言い、私は祖父の行った通りに進み、無事に目が覚めました。

私は幼少の頃から、お盆に亡くなっているはずの祖父と話したり、祖父が持っているものと同じものを買ったりと、何かと祖父と不思議なつながりがあるので、あれも本物の祖父だったのかなあと思っています。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!