目の前に浮かんだ顔

高校生のとき、両親不在の夜。
夕飯を食べ終わって、皿を洗っているとき、「パキン、パキン」という音が家中に響き渡った。

単に家がきしんでいるだけといえばそれまでだが、いわゆるラップ音とも言えば言えるわけで、怖いなあ、と思いつつ洗い物を続けていると、視界の隅に人の手のようなものが映った。
振り返ったが誰もいない。

いよいよ怖くなってきたが、同時に「兄かもしれない」と思った。
兄は私が物心つく前に病気で死んでしまっていたのだが、常々「幽霊でもいいから会いたい」と思っていた。

兄だったら別に怖くないし、むしろ嬉しいぐらいだが、兄ではない何者かが家の中にいるとすると、物凄く怖い。

私は皿を片付けながら、半ば冗談で声に出して歌った。

私:「お兄ちゃんだったら嬉しいなぁ~♪違ったら怖いなぁ~♪」

それを何度か繰り返しているうちに、いきなり首筋の毛が逆立った。
振り返ると、目の前に顔が浮かんでいた。

「ざぁ~んねん♪」

唇は動いていなかったが、確かにそいつの顔から女の声が聞こえた。
ぐしゃっと上下に押し潰したような顔で、髪は爆発したようにモシャモシャしていて肌は黒く汚れている。
男か女かも分からなかったが、声からするに女だったと思う。
胴体は見当たらなかったが、やたらと細い、虫の脚みたいな腕が二本、頭の脇から突き出していた。

気がつくといきなり朝になっていて、私は普段着のまま自分の部屋の布団の中にいた。
夢だったのかどうか未だに分からないが、夕飯を食い終わって皿を洗って、片づけて、振り返ったら首があって、布団の中で目が覚める、と記憶は連続しているので夢とは思えない。

それにしても、怖いものを見てゾッとするなら話は分かるが、ゾッとしたので振り返ったら怖いものを見た、というのは後にも先にもそのときだけだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!