誰かが海で行方不明になると

母は祖父が65の時の子で、もちろん自分が生まれたときにはとうに亡くなっている。
もう70過ぎの母が祖父から聞いた話。
そのぐらい古い話。

母の実家は海辺の曹洞宗の寺で、祖父が若い頃は曾祖父が住職をしていた。
海で行方不明者が出ると、その家族が曾祖父の元に不明者の『へその緒』を持ってくるのだとか。

舟を出して紐で縛ったへその緒を海に浮かべて経を始めると、潮に乗って流れていきクルクルと周りはじめて、沈む場所に不明者がいるのだと。
それを村の人がありがたがる様を何度か見て、祖父は「潮の流れが巻いてるところに何かが沈むのだから、遺体だって寄せられるじゃないか」と思ってたらしい。

祖父は自分が住職になって初めてへその緒を持ってこられた時、同じようにやっても底に遺体はなく、日にちが経つと浮かんで見つかる。

何度か機会があったが、曾祖父のように成功した事はなかったそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!