絶対に行きたくないお墓

実怖「俺はなぜだかそこにお参りに行きたくなったんだ」

前に住んでた所の話。

比較的近くで、昔あった交通事故のこと友人から聞いたんだ。
で、なぜかその事故のことが無償に知りたくなって調べまくった。
ネットで情報を集めて、挙句の果てに地図検索で事故があった場所の当たりをつけて、自分で直に確かめに行ったんだ。
なんでそこまで執着していたのか、今でもよくわからない。

線香と、ゲーセンで取った人形と、紙パックのミルクティーを持って、ピンポイントで「絶対ここだ」という自信を持っていた。
迷うことなく目的地に着いた俺は、なぜか号泣し始めて、近くを通ったおばちゃんに介抱された。
おばちゃんに理由を聞かれても俺は「よくわからない」で一点張り。
俺もおばちゃんも困惑するばっかで、俺はとりあえず持ってきてたお供え?の人形とミルクティーを置いてきた。

そしたらおばちゃんが「あれ、兄ちゃんがいつもお供えしてた人やったんね?」と言ってきた。
「いっつもそこに置いて行ってたやんね?そら悪いこと聞いたわ、ごめんな」とかなんとか。

わけが分からず、俺は落ち着くまでおばちゃんに介抱された。
とりあえず帰ろうとしたら、おばちゃんの雰囲気が何か変わった。
落ち着いた感じの、少し物悲しい感じに。
そしたらおばちゃんが「ありがとう」って言ったんだ。
方言っぽいのじゃなくて標準語に近い感じの。
たぶん、それはおばちゃんじゃなくて、事故で亡くなった子なんだって勝手に納得した。

「多分、もう来んよ」俺がそう言うと、「うん、たぶん大丈夫」ってその子は言った。
チャリに跨った俺におばちゃんが「頑張りな!クヨクヨしたらあかへんで」と励ましてくれた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!