幼い頃の不思議な記憶

まだ幼稚園の頃だったと思う。
1人で家で留守番をしていたとき、お土産でもらったらしい缶入りのお菓子を発見した。

フタを開けて全部食って、「物足りないな~」と思いながら何となくフタを閉めて缶を叩いて遊んでいたんだが、しばらくしてフタを開けてみたら、なぜかお菓子が1個だけ入っていた。

「やったー」

そう思い、そのお菓子を食べ、またフタを閉めて缶を叩いていたのだが、もしやと思いまたフタを開けてみると、また1個だけお菓子が入っていた。

子供心に「フタを閉めて叩くとお菓子が出てくるのか?」と思い、何度か試してみると、何度も同じようにフタを叩いた後には1個お菓子が出てきた。

その後、次の日にその事を思い出し、また缶を叩いて開けてみるとお菓子が1個入っていて、面白くなり近所の友達の所へその缶を持って遊びに行った。

そして、最初の数回はお菓子が出てきたのだが、何度か試すうちに出てくる確率が低くなり、そのうち全く出てこなくなった。

ちなみに最初にお菓子を全部食った時、底の緩衝材の裏までまだないか確認したので、見落としていたって事はないと思う。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!