獣は人間になりたかった

爺様に聞いた話。

畑仕事を終えた夕暮れ時、はやく帰ろうと、普段は日中しか通らない獣道みたいなところを歩いていた。
すると、道脇に妙なものがいたそうだ。

それは下手くそな人型の粘土細工のような姿をしており、何をするでもなくボンヤリと立っていたそうだ。

爺様が担いでいた鍬をソイツに向かって突きつけ、「なにもんだっ!!」と一喝したところ、そいつは急に輪郭を崩し、ドサドサドサッとその場に崩れてしまった。

近づいてみると、そこにはこんもりと腐葉土の小山が出来ており、その所々から獣の骨が覗いていたそうな。

「山で死んだ獣が、腐れ堕ちた肉の代わりに、その辺のモンをかき集めて纏っていたんだろうな」とは爺様の談。

何故人型なのか、いったい何のために現れたかのかはわからんそうな。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!